化粧水の効果を引き出す使い方と保管について

###Site Name###

化粧水は肌質を整える基礎化粧品の一種で、肌に潤いを与えて保湿効果を向上させるために使用します。
化粧水を上手に活用することで肌の状態が良くなり、化粧品が肌に定着しやすくなる効果があることから正しい知識を持って扱うことが大切です。

化粧水は洗顔を済ませた後に肌に塗布するのが通常の使い方ですが、肌質によっては含有成分に過敏に反応して炎症などのトラブルに見舞われる可能性があります。肌に異常が生じた場合はすぐに使用を中止するのが肌の状態を良好に保つための心得です。

肌に塗布する際は刺激を与えないように丁寧に塗り込みますが、化粧用のコットンに染み込ませることで均一に肌になじませることが出来ます。

手の平で叩きつけるように塗ると却って肌の具合が悪くなる可能性があるので避けます。
また、過剰に塗り込んでも効果は変わらないので、適量を守って使うのが製品を無駄にしないための心得です。

化粧水は同じ名称でも製造メーカーによって含有成分が異なるので、自分の肌に適した物を選んで使うように心がけます。



また、開封した製品は劣化が進むので速やかに使い切ることも化粧を美しく仕上げるための条件です。

開封して中身が残っている場合は製品の注意書きに従って保管します。

その際、同一のメーカー品であっても複数の製品を混ぜるのはゴミなどの異物が入り込む原因になるので絶対に行ってはいけません。



化粧水は肌に直接触れる物なので、安全性と品質を維持することが肌を綺麗に保つことに繋がります。

お肌の乾燥を防ぎキメを整えるために使用するのが化粧水です。
ただバシャバシャ付ければいいというものでもなく、その効果を最大限お肌に与えるために正しく使うことが大切です。まず化粧水をつけるタイミングですが、洗顔後すぐに使うことです。


洗顔後時間が経ってしまうと浸透しにくくなってしまいます。

化粧水を付ける際は、適量を手のひらにとり両手で温めるようにしてから顔全体に優しくなじませます。

冷たいとお肌に刺激を与えてしまうことがありますので、常温か少しでも温めて使うとより効果的です。そのままお肌全体に浸透するように軽く顔を両手で抱え込むようにします。目元や口元、鼻の周りなど細かい部分なども特に重点的なケアしましょう。


ただ場合によってはコットンを使用した方が良い時もあります。


ふき取り用やニキビ用などは、出来るだけ殺菌を抑えたほうがいいですので、清潔なコットンの方が向いています。特に乾燥が気になる部分などには、コットンに化粧水をたっぷり染み込ませパックするのも効果的です。

時間をかけてお肌に浸透させたいときは、市販のシートマスクなどを利用するといいでしょう。


では絶対にやってはいけないことは、強く叩いたりこすったりすることです。

軽くパッティングする程度なら問題はないですが、強い刺激を与えることでお肌に傷をつけてしまったり、敏感になったり、シミやくすみなど肌トラブルを招いてしまいます。このように正しく化粧水を使うことで、美肌効果が期待できるのです。

敏感肌の人が化粧水を選ぶ際に、いくつかの気をつけたいポイントがあります。まず、オーガニックや無添加の化粧水を選ぶ場合は、天然成分にも刺激が強いものがあるため注意が必要です。

自分の肌に合う成分は人それぞれ異なるので、天然のものにこだわるよりも、配合成分が少ないものを選ぶことが大切です。
また、生まれつきの体質による敏感肌の場合は、特定の成分に反応することがあるとされています。

もし、その成分が配合された化粧水を使用して刺激を感じたときは、同じ成分が配合されたものは避けるのが望ましいです。

さらに、アレルギーがある場合は、合わないと腫れることがあるため注意する必要があります。

化粧水情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

そして、敏感肌を改善するためには保湿することが大事なので、セラミドなどの保湿成分が配合されているものを選ぶのがポイントです。


それから敏感肌の人は特に、今まで使用したことがない化粧水を初めて使用する前には、腕の内側など目立たない場所に少量を塗って、トラブルが起きないかどうかを確認することが重要です。

また、その場所で問題が起きなくても、顔に使用した場合にトラブルが起こる可能性があるため、顔の一部にも少量を塗ってしばらく様子を見ましょう。

パッチテストを行って肌に異変を感じたら、直ちに洗い流して使用しないことが望ましいです。


敏感肌の人は、自分の肌に合うものや合わないものを知った上で、肌トラブルを起こす可能性がある成分が入っている化粧水は、なるべく使わないことが重要なポイントです。