AIの技術進歩がめざましいですが、その中でも注目されているのがチャットボットです。チャットとは文字を使った会話の事で、メッセージアプリなどで毎日の様に使っている人も多いでしょう。その相手は人間な事は当然ですが、場合によってはそれがチャットボットに置き換わるのです。よくあるのがメーカーへの問い合わせです。

相手が人間だと思って話していると、何故か少しカタコトのメッセージに感じられて、よくよく調べるとチャットボットと会話していたりします。メーカーの問い合わせ対応は特に、そのメーカーの商品についての質問がメインになるため、情報を集約しておきやすいのです。なにしろ商品の質問なら、値段からサイズまで全てデータが入っているため、即答出来ます。特にチャットボットに向いている形式だと言えるでしょう。

そして、チャットボットは回答を続けていると進化していくというのだから驚きです。これがAIの凄いところですが、経験を読み取って次に生かし、次第に賢くなっていくのです。このよくある質問の傾向はこういったところだから、客が聞きたいのはここなんだろうな、といった人間の様な考えをして答えに近付きます。ちょっとした新入社員ぐらいの能力をはっきしてくれるため、メーカーのお問い合わせ対応にはなくてはならない存在になってきているのです。

もちろんどこでも採用されている訳ではないですが、まだ知られていないというだけで、すぐに広まるでしょう。チャットボットのことならこちら