近年、チャットボットを導入する企業が増えています。チャットボットとはチャット(会話)とロボットをかけ合わせた言葉で、自動会話プログラムのこと。リアルタイムにコミュニケーションをすることができます。主にテキストでの会話が主流のサービスですが、AmazonのアレクサやAppleのSiriのように音声サービスも広義のチャットサービスと呼んでもいいでしょう。

利用シーンはカスタマーサービスのような使い方があります。レストランの予約や空港チケットの手配、タクシーやホテルの利用など、様々なサービスを利用するときにこのチャットを用いています。ユーザーが何か要望を伝えると、プログラムされた回答が返ってくるというシステムです。チャットボットは経費精算システムにも活用されています。

対話型のユーザーインターフェースを備えており、対話形式で経費の精算ができる仕組みです。今後はコールセンターやオペレーターなどの活用が期待されており、会話の精度はディープラーニングなどでますます高まっていくでしょう。主にビジネスシーンでの活用を説明しましたが、より身近な例としてアプリゲームが挙げられます。こちらは対話そのものがテーマになっているゲームが多く、キャラクターを介して会話するのが魅力です。

会話の自然さに関してはまだまだ精度は高くありませんが、それがなんとも可愛らしい面があり、キャラクターの魅力も相まって密かに人気を集めているサービスは多いです。