普段そういった技術とは無縁の人でも、チャットボットから連絡が来てやりとりをした経験がある人はいるのではないでしょうか。ネット通販が広がりを見せており、一度使うと手放せないものになっています。通販は便利なのですが、届けに来た運送会社の人が困っている点に不在があり、時間を指定したのにその時間におらず、宅配ボックスもなければSIA配達に回ってしまいます。そこで運送会社が導入したのがチャットボットです。

荷物を届けるその時間に在宅しているか、電話番号からたどってメッセージツールに接続し、連絡するのです。そこで利用者から聞きたい内容は、今在宅しているか不在なのかの二択であり、不在だった場合でもほぼ選択肢を提示すればいいため、複雑な会話は必要ありません。チャットボットから連絡させて回答を得て、その時間にいないようなら後回しにするといった対応が出来るのです。運転手がそれをやるとなると手間が掛かってしまうのですが、会社のシステムにチャットボットを導入して自動的にそれをさせる事で大幅に労力を削減出来ます。

システムを構築すればあとは人的負担もなく、自動で動いてくれるのでかなり優秀であり、多くの運送会社が使い始めているのです。再配達は料金も取れず労力が掛かるばかりではなく、精神的にもつらいものです。それを少しでも楽にするために導入しているシステムなので、利用者は理解して連絡を取ってあげるようにしましょう。