AIを使ったチャットボットを利用し、ユーザーからのお問い合わせ対応をする企業が増えています。チャットボットとはチャット、つまり文字での会話を自動で行うロボットの事で、既にそんな事が可能なところまでAI技術は進みました。ただし、これが実現した理由は会話内容の絞り込みを行ったからです。特定の雑貨店がお客様対応をするなら、そのお店の商品に対する質問と決まっています。

その情報を入力し、上手くやる事でチャットボットが実用化したのです。商品の情報ならデータなので、それを入力しておけばすぐに答えられます。というより、プログラムとしてデータベースと接続しておけば引っ張ってこれるため、瞬時に引用して答えられるでしょう。その意味では人間より優秀なのがチャットボットとも言えます。

会話内容は基本的に質問に限られるため、AIでも可能なのです。これが日常会話や雑談ならばそこまで完璧にはいかないでしょうが、質問が来る事が分かっていれば文脈を読み取るプログラムを組み込み、それが可能になります。他には店舗の営業情報なども結局データベースから拾ってくればいいですし、よっぽど詳しい商品の情報でない限り、答えてくれるのです。一定以上のものになるとスタッフへの引き継ぎになってしまいますが、簡単で量の多い質問を裁いてくれるだけでチャットボットの存在価値としては満点でしょう。

現状で、問い合わせ窓口の人件費に頭を悩ませている企業は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。