自動で応答するチャットボットは、近年企業だけでなく自治体などでも注目を集めており、導入を検討したり実際に導入するところも増えています。チャットボットが注目を集める背景には、AIの進化や自然なやり取りをするプログラムの登場もありますが、やはり少子高齢化を中心とした人手不足の深刻化が大きいと考えられます。チャットボットを活用することで、人手不足を補うことができますし、オペレーターが減らせるので人件費の削減にも繋がります。また自治体のように受付時間が決まっているケースにおいては、営業時間外の対応も可能になり、24時間365日いつでも問い合わせの対応ができるメリットが生まれます。

英語を始めとした多言語対応も得意ですから、外国人からの問い合わせに応じる窓口にも、導入を検討するケースが少なくないです。チャットボットはいわゆるカスタマーサポート的な活用だけでなく、社内向けのヘルプデスクの活用も可能です。従来、人が対応するのが当たり前で何かとコストが掛かるという点は、カスタマーサポートもヘルプデスクも同じです。チャットボットを導入することによって、人手不足に対応しつつ問い合わせの利便性を改善することができます。

良くある質問なら正確に答えることができますし、有人による対応は限定的に済むようになります。人件費が削減できるのに利便性が向上するのは合理的な証拠ですし、コア業務に集中したり予算が回せるようになるので、本当に無駄なく賢い結果に至ります。チャットボットのことならこちら