自社のホームページのサポートを強化するためにチャットボットを使うことは、非常に有力な手段です。マーケティングの手段としても人気を集めている方法に違いありませんが、効率的に顧客をサポートすることができますのでコストを削減できるメリットも存在します。それまで、Web上でサポートを充実させるためには顧客に対して質問に答えることができるだけの人材を確保しておかなくてはいけませんでした。例えば、問い合わせを行うにしてもそれに対応することができる人材を確保しておかないと十分にサポートを行うことができない現状がありました。

このような問題点を簡単に解決することができたのが、チャットボットの大きな魅力といえます。従来まで、チャットボットは簡易的な応答しか行うことができなかったので企業のホームページなどに導入することが難しいという問題点がありました。このような課題を簡単に克服することができたのは、AIの技術が発達したからに他なりません。機械学習を導入したプログラムを使うことによって、それぞれ独自のチャットボットを形成していくことができるようになります。

プログラムとして学習させていくことで、それぞれの状況に応じた対応を行うことができるようになりました。導入するためのコストが非常に安いので、少なくとも人材を確保することと比較するとコストパフォーマンスは非常に優れているといえます。ですから、現状でも多くの企業に導入されています。