チャットボットは、機会損失を最小限にできるという点で他の製品と異なります。ホームページにやってくれるユーザーは、そこへ記載されている様々な情報を閲覧していくことになります。確かに、ホームページに情報が掲載されている時にはそれを閲覧するユーザーは満足できます。しかし、多くのホームページにはユーザーが理解できないような様々な情報が記載されていることもあります。

求めているものを探していて、それが見つからない場合には問い合わせですぐにでも対応をしてもらいたいと考えている人も少なくありません。ただ、問い合わせに関しては人材を確保してその都度対応させなくてはいけないので必ずタイムロスが生じてしまいます。当然ですが、その間にユーザーはサイトから去ってしまうことになりますので大きな機会損失につながる可能性が出てきてしまいます。このような課題を克服できるのが、チャットボットです。

チャットボットをホームページで導入しておく事で、ユーザーに対して正確な情報を伝えられます。特に、現代社会で提供されている製品は人間のような対応を行うことも夢ではありません。そのホームページ独自の機械学習を行っていくことができるようになりますので、そのホームページだけの効率的な返答もすぐに行うことができます。24時間で使えますので、コスト面から考えても最新のチャットボットはパフォーマンスが高くて非常に使いやすく、人気が高くなっています。