チャットボットと聞いてどんなものを想像するでしょうか。チャットというのは文字を使った会話であり、ボットは機械が自動的に動かすものです。つまり機械が会話するというもので、意外と既に実用化されており、あちこちで使われています。AIによる会話というものは、まだまだ完璧ではありませんが、難しい部分は聞き取りと言われています。

どんな人でもしっかりと発声してくれる訳ではないため、その部分を聞き出すのが難しいのです。しかしチャットであれば音声ではなく文字であるため、その認識は格段に簡単になります。そのため、チャットボットの実用化がこれだけ進んでいるのでしょう。ある意味では、検索窓に文字を打ち込むのと同じ感覚です。

検索エンジンがそれに関するページを探すように、チャットボットがその質問に対する回答を探してきて、こちらも文字で回答してくれます。ジャンルを絞り込むほど精度が上がるのもチャットボットの特徴で、特定のジャンルのみでの利用を推奨されています。つまり、家電量販店のお問い合わせ対応をしているのなら、まず質問内容は家電についてのものになるでしょう。商品の情報ならばこういった質問は機械はお手の物ですし、買った商品が動かないといったものでも、しっかり学習させておけば対応出来ます。

お問い合わせ対応を自動化出来るのは非常に人件費削減に効果的であり、ショップ関連のものやサービスの対応にチャットボットを活用する企業が増えています。チャットボットのことならこちら