お問い合わせ対応というものは多くの企業にとって必要ですが、規模が微妙な大きさだと専任のスタッフを作らずに運営して、時々業務を大変にしてしまいます。つまり客からの質問というものは予想出来ないタイミングで来て、いつ終わるか分からないからです。質問になら回答すれば終わるのでは、と考える向きもあるでしょう。しかし中にはクレーマーもいて、買った商品が思った様に使えないと言ってごねる人もいるのです。

無茶を言ってくるなら断るのが筋ですが、そこで強く言ったりすると問題になるため、丁寧に納得するまで断りを入れる形になります。つまり時間が掛かるという事で、これを専任の人でない重要な業務を担っている人がすると考えると背筋が凍ります。問い合わせ対応には専任を置き、さらにチャットボットの活用を検討しましょう。チャットボットは文字を使った自動回答システムであり、どんな会話でも出来るという訳ではありませんが、情報を入力しておくことで簡単なものは答えてくれます。

チャットという仕組みに載っているため、問い合わせする人もチャットボットに合わせて文字で質問する形になります。声では起こっていても文字で怒るのは中々難しく、その点だけを見てもチャットボットによる効果があります。また、情報が文字として残るので後から振り返りやすいのも特徴です。音声でも録音は出来ますが、聞き返すのに同じ時間が掛かる事を考えると、その便利差を痛感できるでしょう。

チャットボットのことならこちら